admin のすべての投稿

文化保全事業(福島県助成)2021.No1


<Fukushima文化保全事業 助成のおしらせ>

福島県 より、県内避難者帰還者心の復興事業の助成をうけています。
2019年6月より毎年350万円ずつを預かり、下記の事業を行っています。

〇福島県阿武隈山地の原発事故による避難地域には、浪江町小丸、大堀、室原、津島地区、葛尾村の一部、飯舘村長泥地区がいまだ帰還困難区域に指定されています。また、隣接する葛尾村の大半や川俣町山木屋地区は帰還して復興に取り組み始めたばかりです。
各地区で、故郷への想いと願いがあります。 
住民中心に、失われつつある故郷の歴史・文化、伝統芸能、循環型の生活などの記録を、住民同志で連絡しあい収集して電子化により保全し、一部ではありますがパネル展や動画、webにより紹介をしています。事業をとおして避難者同志、近隣住民や、世代をこえた広域的な交流も生まれています。
本年度は、多くの方からご要望のあった、福島県以外の地区でもパネル展などを予定しています。コロナ禍にて諸事情もあり、予定は順次ご紹介します。

〇現時点での予定:2022年2月中旬から3月初め
福島県:コラッセふくしま
東京都:大田区産業プラザPiO、早稲田大学奉仕園
そのほか検討中の場所もありますが、決まり次第お知らせします。

〇伝統芸能についてはNPO民族芸能を継承する福島の会
飯舘村長泥地区については、帰還困難区域写真パネル巡回展ネットワーク
 より多大なご協力をいただいております。

〇コロナ禍で飲食を伴う交流会は中止して事業を通しての交流を目指しています。

福島県県内避難者帰還者心の復興事業( 3年連続 )

いまだ帰還困難区域に指定され、また帰還しても元のコミュニティを失い復興に取り組み始めた地域があります。それらの地区の住民が中心となり、失われつつある故郷の歴史・文化、伝統芸能、還元型の生活などの記録を、住民同志で連絡しあい収集して地域社会の記録を保全しています。
またそれ等の記録を、パネル展やwebにより紹介して、故郷への想いを多くの方に知っていただき、また事実を減災や復興に役立ててほしいと取り組んでいます。
事業をとおして避難者同志、近隣住民や、世代をこえた広域的な交流も生まれています。
2019年度~2021年度の3年間、各年度350万円ずつ の助成を福島県事業としてお預かりしました。

〇2019年度は3回のパネル展と交流会を福島県内で開催。阿武隈山系の飯舘村、浪江町、川俣町、葛尾村の帰還困難区域の記録保全と近隣の方達との交流、帰還した区域の魅力についてのご紹介にも役立ちました(二本松市民交流センタ、福島市民会館、ふくしまコラッセ)。

〇2020年度はコロナ禍にて福島県内で1回のパネル展と協力団体企画の巡回パネル展に参加(大宮、仙台)。
福島AOZでのB1パネル100枚を展示したパネル展は、飯舘村、浪江町、川俣町、葛尾村の避難地区の特徴と現状が判りやすく、多くの方から高いご評価をいただき、参加した住民の心の支えとなっています。

〇2021年度は、失われそうな故郷の記録をより多く保全して新たなパネルも製作し、多くの方からご要望のあった、福島県以外の地区でも巡回パネル展を予定しています。
コロナ禍で更に継承のしにくくなっている伝統芸能も、微力ながらその継承に少しでも役立ち、魅力を多くの方に知って頂ければと、コロナ感染防止対策は万全を期しますが、可能な会場では同時に披露をしたいと検討中です。
取り組みが、いずれは帰還していく地区の復興に繋がる事を希望して誠実に取り組みます。
パネル展などは会場や日時の決定後にご案内します。

(一財)冠婚葬祭文化振興財団よりの助成報告(2年連続)

〇2020年度:
福島県原子力事故による帰還困難地区の住民による事故前の地域社会の映像の保全
おかげさまで、避難中にカビなどで復元が困難なほどに損傷していたVHS約420本のリメイクとDVDその他の媒体への保全ができました。
       <156万円のご助成を頂きました>
〇2021年度:
福島第一原子力発電所事故による帰還困難地区の
事故前の地域社会の様子と儀式文化の記録の保全
<165万円(前回の残額約15万円)のご助成を頂きました>
本年度は特に、儀式文化( 葬儀や結婚式 、建前 など )や
伝統芸能が 400年以上も日常の生活の中でコミュニティ全体の協力で伝えられてきた様子や、震災直前まで行われていた地域で協力して行う葬儀、土葬の様子、
自然のある中で人々が生き生きと生活していた様子等を記録した損傷したVHSの再生と失われた儀式文化(結婚式や葬儀を中心とした)の静止画のデータ化と保全も行います。

結果は、撮影者と映る人物の許可のもとに、公益性の高いものについてwebにてもご紹介させていただく予定です。

**冠婚葬祭文化振興財団 より、 この地に残るこれらの記録が 大変貴重であり、特に伝統芸能と儀式文化の保全の大切さを 冠婚葬祭文化振興財団のご専門家の先生方からもご教示教頂きました。
また、映像提供者及び地域の方々は、リメイクされた映像を見て、改めて自分たちの文化の素晴らしさを再確認されています。
当法人はサポートの立場ですが、やりがいのある事業に関わらせていただき喜ばしく感じております。

『福島から伝える』パネル・映像展開催

福島第一原子力発電所事故から10年を前に被災者自らが発信。
対象地区は阿武隈高地の帰還困難地区と周辺の復興に取り組む地区です。
会場の感染症対策は十分に行います。
ご遠方や感染症のご心配などでご来場できないかたにはユーチューブにても開催いたします。

会場イベント

日時:
2月9日(火)AM12:00~PM5:00
2月10日(水)・11日(木・祭日)AM10:00~PM5:00

会場:
ふくしまAOZ(アオウゼ)
福島市曽根田町1-18 MAXふくしま4F

オンラインイベント

2月9日(火)AM12:00~公開
ユーチューブ 

公開内容:
浪江町津島・小丸、川俣町山木屋、葛尾村の各地区ごとの会場で展示するパネルにした写真からの動画のURL,
数本以上の景色や伝統芸能や文化、地域社会の映像
会場と同様の内容です

公開方法:
上記内容のそれぞれのURLを2月9日AM12:00より、目次形式でこの公式HPと当法人の公式Facebookに掲示します。

どうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人未来といのちは認定NPO法人になりました

お知らせ

白い帽子の山、茶色い落ち葉の絨毯。2018年も残すところわずかとなりました。
皆さま、年末のご準備でお忙しくお過ごしではないでしょうか。
お陰様で、NPO法人未来といのちは、設立から実質3年を無事に終え、11月21日からは、認定NPO法人として福島県から承認されました。
ひとえに皆様の暖かい、そして熱心なご支援の賜物です。心より御礼申し上げます。

認定NPO法人未来といのちの前身は、2011年の東北大震災にはじまります。
福島県内被災地の方達と震災直後から原発避難地区を含めた福島県内にボランティア活動をしていた数人の個人が現地で知り合い、避難地区に残された動物達に心を痛めて、人的な支援にも繋がるようにと伴侶動物の救援の協力を続けていました。
その活動のなかで、個人の被災体験を伝えることは他の地震や津波などの減災の参考になり、伴侶動物の救援の継続は被災者の心の支援になるとともに、次世代へ命の大切さを伝えることができるときづき、2015年に福島県よりNPO法人未来といのちを設立して今にいたります。
そしてできるだけ次世代へ目的を継承していくため、社会的な信頼を得るために認定NPO法人をめざしていたのですが、このたびはその承認を受けた次第です。

今後はいただいた信頼を重く受け止めて、より一層活動を充実させ、福島県内被災地の情報の提供と、被災ペットの救援という当法人の2つの事業を一歩一歩、広げていく所存です。

認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)は、NPO法人の活動を支援するために税制上の優遇措置として国により設けられた制度です。皆様からお預かりした寄付に対して所得税や所得税率の減税、地方によっては地方税の減税も受けられる受領証をお渡しできます。
(詳細は別途記載させていただきます。)
このような責任ある法人としてご承認いただくことは、決して当法人のメンバーだけでは成しえないことです。多くのご支援者と関係各位のお力の賜物と承知しております。
今後も、3.11を忘れず、沢山の命と心を無駄にせず、奉仕の精神の揺らぐことのないように活動をしてまいります。
今後もご賛同と活動へのご参加をお願いいたします。
年の瀬にご多忙な日々と存じます。皆様のご健康とご無事を一同心から願わせていただきます。

2018年12月
認定特定非営利活動法人  未来といのち
代表理事 小西由美子 
役員一同

<事業の概要>

2つの柱となる定款の通りの事業の具体的な説明は以下の通りです。
1. 被災地からの情報の提供 
多くの方にはわかりにくいかもしれないのですが、地震、津波、原発事故の重なる福島県内の被災地には様々な被災体験と解決の困難な課題があります。福島県からの発信は、他の地域でも必要な事柄を沢山含んでいると考えます。
広大な自然の中で何百年も人とのつながりを大切に生きてきた人達は、被災してもなお他者への思いやりと先人への感謝を忘れてはいません。
そのような被災者が中心になり個人の被災体験を記録して残し、概要をwebや要約集などで提供する事業です。

2. 被災ペットの支援 被災したペットやその子孫は、人のいない地区でも野生動物や寒さや飢えと戦いながら生きようとしています。残してきた家族はいまだ心を痛めています。保護しても行き場のない高齢や病気や、怖い体験から人に慣れることの難しい犬や猫もいます。当法人は被災地でのペットの給食と保護、飼い主への返還、保護犬猫の里親探し、長期の預かりや避難先でのペットの飼育相談、帰還後に向けた避妊去勢手術や地域猫の啓蒙を行っています。

<今後の事業の目標>

以上の2つの柱の継続と発展のため、福島県内の利便性のよい場所に、被災したペット
の終の住まいにもなるシェルターと、体験談の資料館を併設した施設の設立をめざしています。そこでは被災動物と触れ合いながら減災について話し合うカフェスペースを置くことができ、また動物の世話や施設の管理に雇用も生むこともできると考えます。

<ご賛同のお願い>

福島から減災、ペットの救援を考える。
以上一つの減災の為のモデルを福島から作り発信できたらと考えます。
福島県で願われる対応は多くの地域の減災のモデルになると考えます。
2011年から取り組む被災ペットやその子孫の現状も伝え、心を痛める元の家族や心優しい人達が願うペットの減災も考えられれば幸いです。
多くの方達のご賛同とご参加をお願いいたします。

2011年4,5月津波と原発事故

2011年3月11日の大震災後、高円寺のライブハウス「稲生座」の
仲間たちが集めてくれた支援物資を宮城県にお届け致しました。
津波によって持たさられた悲惨な光景は記憶から離れる事はなく、
奪われたたくさんの尊い命の重さは心に刻み込まれ
支援活動を続けていこうと誓いました。

そして震災の被害区域情報を探す中、
福島第一原発被害区域で動物が取り残されている事を知りました。
人間の業によって動物たちが苦しんでいることを知り
人としての責任を果たさねばと決意し動物レスキュー活動に
重きを置く事になっていったわけです。

動物たちの悲惨さを作ったのは私達です。
人間がばらまいてしまった惨劇は謂わば虐待と等しいのです。
その思いは原発被害動物レスキューを続けてゆかねばならない
という決意を揺らぎなきものとしました。



スライドショーで見る

のんちゃん

仮名:のんちゃん
性別:♀
病気:白血病、FeLV+(キャリア)
保護場所:福島県双葉郡浪江町

人懐っこい

人と仲良くなるために修行中の犬猫です。まだ一癖ある子たちですが、それでも里親になってくださる方はご連絡ください。
※譲渡には条件があります。里親規約をご一読ください。

お問い合わせ