警戒区域で群れるダチョウ
警戒区域で群れるダチョウ

「未来といのち」は、活動を始めてから10年を迎えます。
2011年3月11日の東日本大震災の福島第一原発事故の被災地で「避難している人たちの役に立ちたい、ペットも救いたい」、そんな思いを持っている人たちが集まり、被災者と奉仕者が一緒に活動をしてきました。
そして活動を続けるうちに、被災した方達は故郷が素晴らしい所なのに、どうして自分たちが先祖からの土地を離れたのかを多くの人に伝えたいと望まれている事を知りました。
そして自分たちの経験を減災に役立ててほしいと思われていることも。
そこで、当法人は被災者の方によりそいながら被災地の震災前の様子から今までの記録を残すことと、命の大切さを伝えるために被災ペットの救済をする事業の2つを同時に行っていくこととなりました。

多くの人たちの協力で2018年11月には認定NPO法人に承認されました。
そして、みなさまのご支援をえて、歩みを速めていきたいと思います。

原子力発電所の事故でいくつかの放射能の汚染地域ができました。
そこは放射線の健康被害の可能性があり、国により立ち入り禁止の地域が決められ道路は遮断されてゲートができています。、一時的に帰宅する住民、研究者や様々な作業員は許可をもらい警備員の監視の下でゲートを通り一定の時間だけ立ち入ることができます。
ですから、そこでの様子はあまり報道もされないし、人から人へ伝わることも稀です。

避難している住民の方たちと、現地で活動をしていた私たちは自然に知り合い、そのような地域のことも、たまたま撮った写真や体験した話などを持ち寄って保存をしてきました。
これらの記録には様々な減災に役立つものがたくさんありました。
これらの記録も未来の心ある減災に生かしてほしいと願っています。

私たちは、今何が起きているかも伝えていきます。忘れ去られようとする過去の記録を未来に繋ぎます。
原発事故の現場には、たくさんの教訓があります。

多くの人たちの協力で2018年に国から認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)として承認されて、ご寄付などを頂いた方には税制上の優遇措置が受けられる上、所得税や地方税の減免がうけられます。このことで大きな信頼を得ています。いろいろな形で皆様に活動にご参加いただければ幸いです。