未来といのちについて

知ってほしい、いのち達のこと

崩れたままの家屋、双葉町
崩れたままの家屋、双葉町

2011年3月11日、東日本大震災、原発事故。福島は変わりました。
放射能で住めなくなった地域ができました。
でも、そこには、人の心もふるさともあります。
たくさんのいのち達がいます。

故郷を取り戻そうとする人も、残されたいのち達を助けようとする人もいます。
私たちは、変わってしまった福島の避難地域で、残された犬や猫を世話してきました。

たまたま、そこで見たり聞いたり感じたりしたこと、人や動物や自然の様子を、いのち達からのメッセージとして伝えていきたいと思います。

そして、関心を持たれた方に、命あるものの未来を考えてほしいと思います。

福島での活動は、人のいない町や里で、自然との調和をとるためにはどうしたらよいかも探ります。

人間が、責任を果たしながら、心や命や、形のない大切なものを守れるように、未来に伝えられたらと願います。

また、福島県は広く、放射能に汚染されていない安全な場所も多くあることを知ってください。

“未来といのち” 考えと計画

立ち入り禁止区域に残され、多くの人達の思いと行動で助かった犬の一家
立ち入り禁止区域に残され、多くの人達の思いと行動で助かった犬の一家

置き去りにされた動物たちをたすけながら、事実を伝えていきます。

歴史的な事件では、時がたてば概略的なことだけが残りがちです。
弱い立場の視点から現実を見て、伝えます。

生命を大切にするためには、いのち達を助け続けることが必要です。

誰も何もしないより、誰かが何かをしたことを残したい。

原発事故で沢山の人の心が傷つき、沢山の命が失われました。
避難の時、強制的にペットや家畜を置き去りにさせられ、理不尽と思った心の傷は消えないでしょう。

家族としての犬や猫が、行方も分からなくなり、餓死しました。
家畜もおなじです。助けに行くことは許されませんでした。

しかし、少数ですが、助けに行くことができた人達がいました。
誰も何もしなかったより、誰かが何かをしたことが、傷ついた心の救いにはならないでしょうか。

弱い者を助け続けることで、子供たちに、将来、不条理で困難な現実にも、あきらめずに立ち向かえる勇気を伝えらえないでしょうか。

子供たちを放射能の高い地域に連れていけません。

今回の出来事を次の世代に伝えないとなりません。
子供たちや若者には、心のある、個々の命が尊敬される世界を作り、生きてほしいと思います。

人間のよくない部分がひき起こす悲しいことがあります。
原発事故の現場にはたくさんの教訓があります。

それを子供たちや若い人にも伝えたい。
しかし、放射能の高い場所に子供たちを連れていけません。
私たちが、動物を世話しながら見てきたことは、弱い者の視点からです。
個人としての誰にでも起こりうる事です。

その時の記録を放射能の影響のない地域で、提供したいと計画しています。
その記録から、何かを感じ取ってもらいたいと思います。
他者の苦しみを、“自分だったら”と想像できる心。
よいことと悪いことを考えられる人たちに、未来を作ってほしいと思います。

捕獲器で保護された猫
捕獲器で保護された猫

具体的には

1 私たちは、福島の原発事故避難地域で犬や猫を助けます

2 福島県内に保護施設を作る
人の住んでいない地域から保護したペットたちやその子孫は、家がありません。
里子に出せない病気や人を怖がる個体も多くいます。
そのような犬や猫も、野生動物ではありません。
人のいる福島県内に、彼らが幸せに暮らせるタイプの保護施設を計画します。

3 彼らは、原発事故の証人です。その彼らと触れ合えることにより、起こったことを想像しやすい施設を提供

4 同時に生命を大切にすることの実際を体験してもらう
彼らと触れ合うこともでき、ボランティアも受け入れる施設を計画。
彼らが自分たち人間と同じ生命であることを知り、人のいない地域でどのように生きてきたか、あるいは死んでいったかを想像してほしい。

5 資料を集積・提供できる施設を併設
そこに関わる人たちが、避難地域やそれ以外の福島県内から持ち寄った、原発事故でおきた事実を(静止画・動画や体験談など)保存、閲覧できる施設を計画します。
また、資料館は関係者が自分の体験を持ち込み、伝えられる場所にしたい。

6 故郷の環境保全を模索
活動しながら、草刈や倒木の除去、除雪などもします。給餌場所に集まる野生動物を観察して、人のいない里での共生など、環境保全を考えます。

7 放射能の高い地域では、研究などにも協力(生物の殺傷はしないが、資料や情報などの提供)

病院で手当を受ける犬
動物病院で里親希望者を待つ犬