konishi のすべての投稿

福島から伝える 福島活動報告2019.8

<伝えることで減災を NO.1>
東北大震災原発事故後に失われた故郷を紹介するパネル展を行いました。
多くの方達のご参加で支えられました。

帰還困難地区に指定された300年以上続く地域社会の存在と素晴らしさを伝えその心の存続に繋げることが目的です。
またふるさとから避難した方達にひと時、想い出に触れていただくことでした。

対象地区の飯館村長泥、浪江町津島地区は阿武隈高地にあり隣接しています。
大自然の中でそれぞれ魅力的なコミュニティが2011年の避難直前まで継承されていました。過去から震災数年前までの地区の様子、伝統芸能を中心に、また飯館村長泥地区は現在の再生事業の様子も一部紹介されました。

交流会では避難先の方達や東京や宮城の方達と世代も超えて交流ができました。
パネル製作には地元の方達が命がけで守ってきた大切な写真や資料のご提供を頂き、展覧会や交流会の準備には福島の方達の応援、宮城県塩釜市場には大変お世話になりました。遠く関東からも音楽の演奏、BBQサポートにおおくのボランティアのご参加も頂きました。

パネルの詳しい内容は別の機会を作って紹介いたします。
このような取り組みを続けますのでどうぞよろしくお願いいたします。

☆福島県県内避難者心の復興事業の助成をうけています。
☆帰還困難地区:放射能汚染で現在も家に帰れず元の生活を取り戻すことは困難な地区。


スライドショーで見る

福島活動報告 2019年3~4月

ペットの支援から~少しですが人的なお手伝いの活動は続きます
浪江町と飯館村の阿武隈高地は花盛りです。300年以上の旧家が多い絆の強い地域です。山里では草刈が十分できないためか野生動物が町に増えています。やっと保護した猫達の写真です。猫の給食場をカラスや小動物と知恵比べで守ります。帰還困難地区で避難の時に置いていかれた猫達がいます。連れていけなかったのです。地元の被災者が廃屋で寒さと飢えから守ってくれています。
お手伝いをしていますが、普段はお一人なので人も猫も大変です。
双葉町の海の側で一時帰宅のお手伝いをさせていただきました。
津波の爪痕が残る海にお心を伝えていらっしゃる様でした。近所の家もご自宅も、人が侵入したらしく中は滅茶苦茶。動物はその後に入るそうです。故郷のこと、津波のこと、お話をしてくださいました。福島市の牧場の近くでNPOの今後を相談しています。
浪江町の山間部、双葉町、福島市の牧場と三春町のお蕎麦の写真は「もっと見る」で見てください。



スライドショーで見る

福島活動報告2019年1~2月

お正月は福島市から。活動で交流する方達も長いお付き合いになってきました。浪江町のやり方で作った御餅はお米の味、This is OMOTI !! 福島の復興牧場には良くお邪魔しますが猫も牛も大切にされています。今年は雪が少なくて活動が楽でした。3,11から8年ですが津島はあまり変わらない景色。草刈などを行政も住民も頑張っています。立ち入り禁止区域で猫の世話をしている方のお手伝い。今年は重い病気の猫が減りました。大熊町と双葉町は、ダンプカー、建物の解体作業、バリケード、荒地に真新しいマンション。景色が変わりました。猫達が住み家を追われたり交通事故に遭ったりしないか心配です。でもふるさとと心を守る友の会の牛さんは幸せそうです。原発の熱を利用してダチョウを飼っていたシュトラウスランドは人の気配はありません。鼻の白い猫を保護しようとしたら違う茶寅が入りました。どこから来るの?猫の世界はわからないことが沢山です。飯館村と浪江町の境は落ち葉でいっぱい。静かな冬です。双葉町、大熊町、葛尾村、飯館村入口、浪江町の景色は「もっと見る」にも入っています。よろしければどうぞ。



スライドショーで見る

3.11を忘れないために(2019)

3.11から8年。わすれないために。
2011年から今までの宮城県から福島県の被災地でのごく一部の写真です。
住民や救援にはいった者からの提供です。


スライドショーで見る

3.11 宮城から福島

下書きです
2011年3月11日から8年。これからもずっと忘れないために。
津波の跡から原発事故の避難地区。そして今までの8年間。
ごく一部の画像です。
(写真は地元のかたとメンバーの提供です)。

南三陸町で、、 MInamisanriku Town

南相馬市原町第二中学校避難所の皆さまは未曾有の被害に遭われたにもかかわらず笑顔で迎えてくれました。

福島活動報告 2018年11~12月

11月皆様のお力添え、県庁や税務署の方にもお世話になり認定のNPOになりました。
草の根の活動は続きます。
浪江町Aさんから病気の子猫を預かり東京へ。

IKさんとQoo猫ちゃんは津島から避難しないで沢山のペットを助け、私達の安全も見守り、大熊町の牛達を生かすために重機などくださり、いまは白河でノンビリです。生き物を大切にしてほしいと願っています。
浪江町の山里。冬は餌場を頼って新入りネコが増えました。無人の町は野生動物が多く過酷です。

12月は3猫(クリスマスイブには2猫)を保護。浪江町のT獣医さんとAさんがご奉仕で避妊手術、感染症管理や当面のお世話をしてくださいます。いつもすみません。

山の中の立ち入り禁止区域では、避難途中で置いていかれた猫達を世話する人のお手伝い。感染症の猫が多くて、移動をさせずにサポートします。
置いて行った人たちが知ったら喜ぶと思うのですが。

2018年もお世話になりました。


スライドショーで見る

福島活動報告 2018年9~10月

〇9月、地元の方からのご報告で、立ち入り禁止区域で子猫4頭と母猫を保護。母猫は呼吸が早すぎるので東京シェルターに運びました(当NPOは保護施設を県内に持っていない為)。母猫はひどい貧血で、子猫は風邪ひきでした。

〇郡山、三春、二本松は、お祭りや収穫で賑やかでした。
三春町には美味しいお蕎麦屋さんもあります。福島県は広い。美しい秋でした。
一時帰宅の方達とつかの間談笑。住み残りの方はハウスで野菜を育てて放射線量を測りながらご自分で食べています。奥様は避難先で病気療養をしましたが家に帰りました。

〇10月、立ち入り禁止区域で世話をしている被災猫達の食欲がないと地元の人から連絡がありました。急な立ち入りには制限があり、立ち入りしていた人間の医者2人、猫の飼育に詳しい者2人で獣医さんや動物看護士さんに教えてもらった事を元に出来る範囲で手当てをしました。口内炎、脱水、栄養不足、ミミダニ、鼻つまりなど。患者の猫さん達も真剣でした。弱った子達は住民の方がゲージに入れて手当てをしてくれることになりました。猫の患者さんからお代は頂きませんよ。

〇餌場の猫は被災猫かその子孫でしょう。監視カメラで餌場に来る時間を調べながら捕獲機を設置します。夏から来ていた猫1頭を10月に保護できました。積極的に地域猫に取り組んでいる浪江町の方が去勢手術をして預かって下さいました。有難いです。

〇浪江の町の方が保護した黒ネコ♂が猫白血病でした。隔離部屋が必要なため東京シェルターに運びます。心臓病みたいですが今は元気です。

〇井戸も引水も7年間使用しないと涸れてしまう事が多くて捕獲機など洗う水の確保が難しくなりました。キャンプ用の簡易なシャワーを応用。
1か所の餌場がカラスに狙われて猫も近寄れません。周囲も汚れます。現地では材料と時間が足りずカラスよけの工夫も中途半端になりがちですが、カラスに負けられません。
野生動物は山に帰ってね。


スライドショーで見る

福島活動報告 2018年8月

<福島活動報告 2018年8月>
❀夏の帰省、被災地の変化、、😺がつかまらない、草と野生動物、 そんな8月でした。
❀福島駅も郡山駅も帰省客で一杯。
浪江町の海側は居住もできるようになりました。まだ住んでいる人は少しですが、帰省した人達で役場前は楽しく賑やか。食べ物屋さんも数店舗は開店。
標高500~600mの浪江町の阿武隈高地は避難地区です。
猫は、地元の方々の地道な活動で、給食や感染症の予防、避妊去勢活動を受けて適正な数が保たれているようです。ところがこの夏は、猫がいても捕まらない。
無人の里は、猫が隠れる家の周囲が草に覆われ、野生動物が近くに来るためか、警戒心が強いのでしょうか。猫の捕まらない8月です。
タヌキ兄弟が2週連続で捕獲機に入りました。疥癬で毛が抜けています。イベルメクチンという特効薬を与えて毛が生えてきました。少しでも治して、この地区で犬科の動物の疥癬が広がりといいのですが。
❀津波の跡まで行きました。広大な草むら。新しい港、ごみ処理場、スーパー堤防、見学者。
バスで来た外国の若い人は何を視ているのでしょうか。
❀無人の山の町で、猫の給食場の監視カメラや捕獲機で野生動物と関わります。8月だけで2頭の尻尾のないハクビシンに出会いました。多くのことを考えさせられます。ここでいったい何が起きているのか、単に自然の厳しさなのでしょうか。可愛そうです。
❀福島市内で阿武隈山地の旧家の方と美味しいランチミーティング。避難の事、自然の事をいろいろ話し合います。


スライドショーで見る

福島活動報告2018年初夏No2(いのちの山)

福島県、阿武隈山地では豊かな自然と出会います。
そして、そこでの生活を何百年も受け継いできた方達が、山での生活の事を教えてくださいます。大自然の中で小さな命を守ることは容易ではありませんが、沢山の知恵をお借りしながら活動をしています。
代々の経験と知恵で自然を守りながらの生活は豊かです。
300年以上前からの旧家が中心に、新たな入植者や別荘の生活者も受け入れてきた場所。
そして、命あるものを大切にしてくれています。今は人が住んでいませんが、いつかまた人と動物が共存できますように。


スライドショーで見る

福島活動報告 花のみち(2018年)

初夏 福島から
❀久しぶりに津波の跡が残る場所に行きました。7年前、猫ちゃんを探してほしいと依頼されて、津波で何もない家の跡に何回も来た場所。何もなかったといっても探してほしい、絶対にいるとおっしゃりました。
❀何年も無人の地区で多くの動物が人を待っていました。残したペットや家畜を守るため, 立場をこえて、多くの人達が動きました。
❀海側の避難地区も2017年の4月ごろから人が帰還し始め様子が変わってきました。壊れた家やガレキも多くが片され、ごみ処理工場や土木建築関係の施設が沢山できていました。浪江町の請戸漁港はピカピカです。
❀思い出した場面の何枚かも載せますね。
❀毎年6月、主のいない家の小路にマーガレットが咲きます。ここに路があるよって。
福島のこの地区の方達はいまも大変なのです。でも、地元の方達は、静かで優しい。これからも一緒に活動をさせていただければ幸いです。
💛 ところで、
福島は野菜もお米も、浪江町の居酒屋さんもおいしいですよ。心がありますから💛



スライドショーで見る