##⑥2011年6月25~26日・旧警戒区域

旧警戒区域 2011年6月25~26日:福島第一原発事故後、
*福島第一原発から半径20kmが警戒区域に設定されました。2011年4月22日からは、検問ができました。

①住民はじめ、ほとんどの人が、このエリアに出入りができませんでした。
生き物の世話に立ち入るということは、行政により、まったく許されませんでした。
心配した飼い主やボランティアが歩いてでもバリケードを越えて立ち入ると、多くいた警察官に連れ出されるか、場合によっては、拘留されました。
それで、残された動物達は飢えや渇きに苦しみながら、多くが死んでいきました。

ここで展開された事は理不尽でした。私たちは、たまたま、公衆衛生の調査などで、ここに行き、その光景を目の当たりにしました。
そこでの出来事、事実をを、皆様にお伝えできたらと思います。
あくまで一部の写真です。しかし、皆様の想像力のお役に立てるのではと考えています。
辛いかもしれませんが、こで死んでいった動物達の苦痛を、「自分だったら」と、、想像していただければと願っております。

② エリア内では、津波や地震で壊れた町が、2013年ごろまでは、ほとんどそのまま放置されていました。
2014年になり、一部の場所では復旧が始まっています。
市町村により、復旧のしかたもまちまちで、最近では町村ごとに、受ける印象が変わってきました。
この辺りは福島県内でも、”浜通り”といわれ、もともと自然災害が少ない温暖な、自然豊かな場所です。
そこが受けた惨状と、その変化も、見ていただければと思います。

2011年6月、原発事故から3か月後。 人のいない町は異様でした。
学校の飼育動物やペットはあちこちで餓死。家畜は経済価値がないから物として扱われて悲惨。
病院の玄関先に患者さんのベッドが散乱。避難の移動中に亡くなった方もいました。

スライドショーで見る

警戒区域への立ち入りは 市町村と国のオフサイトセンター管理していました

大型の養鶏場 浪江町 (訂正:ボウフラは間違えです)

養鶏場の中は、白い鶏が死んで 干からびて、すごい臭い

ギンバエが沢山

ギンハエ

鶏は、バタリーゲージという金網の檻のなか 後ろを向くこともできずに死んでいました

この中は、白い鶏の死骸でいっぱいでした 最期まで苦しかったはずです

富岡町の学校です

校庭は草だらけ

誰もいない富岡の学校

子供のいない教室

繋がれたまま犬が残っていた場所 富岡町

ボランティアが置いた餌は湿って、 汚くなって

津波の来た場所です 富岡町

富岡駅・JR常磐線

調査か、警察の車だけ。

耕作地は見渡す限り野原に

第2原発周囲も避難地域

富岡町・第2原発付近 ここは牛舎でした

中に牛が死んでブルーシートがかけてありました

下には牛が死んでいるはずです

富岡町の大型の養豚場 逃げた豚は生きていました

左手が大型豚舎 コンテナは子豚舎

生き残った豚も、また何もない檻に入れられて餓死させられました

誰かが犬の餌を置いていました

この子は生きていたのに、、。

和牛(肉用の牛) は多くが逃がされ、 乳牛は多くがつながれたまま死んだ

富岡から大熊、双葉町に

大熊町のある家

畑は草むらに

のどかな縁側だったのに、、。

大熊町の耕作地

屋根は地震で壊れたまま

あの猫はラッキーでした

大熊町で 住民に、犬猫の保護を依頼されて

家の方は立ち入りが許可されず、、 犬か猫の保護を頼まれました

飼い主~保護依頼 この子たちは助かりました

ほっとした顔してます

患者さんを残して職員が逃げたと訴訟に。 情報がなく、警察か自衛隊の指示で、職員は、病院を離れたままだったと、、。大熊町

最終的には自衛隊が患者さんを搬送したようです。 亡くなった方がいたようです。

大熊町と双葉町にまたがっています

車を見かけて犬は寄ってきます 近くにいくと逃げます

双葉町公民館で

双葉町公民館

双葉町公民館

双葉町

標語の作者は、当時中学生 事故後、標語を訂正したそうです

国道6号線脇を流れる川 双葉町

国道6号線 第一原発付近

誰もいない家

ワンコがきた所

南相馬市 犬を見かけた場所と覚えようと写真を撮りました

一生懸命こっちだよって、、 私をどこかに連れて行こうとしました

さっきの子と一緒に助け合っていました 別の日に、この子だけを犬の団体の人が連れていきました

この子たちはどうしたのかな、、

あちこちに車が放置されていました

どこへ行っても人がいなくて

犬に連れていかれた場所です

遠くに海が見えます

国道6号線

まだ元気でした

この時は2匹いました

南相馬市の乳牛の牛舎

豚を追い込んだ柵

たぶん、小山の下に、豚が埋められています

逃げた豚を檻に誘い込んで、殺処分したようです

南相馬市小高

あちこちに牛がいました

JR常磐線の富岡駅付近   津波地区

国道6号を、南に向かい 左手は津波がgきた地区

富岡町 第2原発付近

富岡町・大型の養豚場

あちこちで牛をみかけました

国道6号線 第一原発付近

右側は第一原発がまじかです

国道6号を線北に向かい

ワンコが来ました 南相馬市

国道6号線・南の検問を出ます 南相馬市

右手に牛舎が見えました 南相馬市

牛舎のお家の前です 南相馬市

自分が助けたと言いたくて、 猫を捕獲した人もいました 二猫は離れ離れに

豚がここに埋められていたのでは この時はわかりませんでした・南相馬市

どこまでいっても静寂な空間 左手は津波で流された地区

大熊町 残された犬と猫を保護 双葉病院横

飼い主さん依頼で 大熊町

この猫は稀なケースです