☆⑤ 秋の恵み・2014年・浪江町

日本で初めての原子力発電所をつくるとき、事故が起きたらどの方向に風と一緒に放射能が流れるか調べるために、沢山の風船を飛ばしました。このあたりにも沢山風船が飛んできたそうです。第一原発から北西に30km。
浪江町、津島、、、。2014年、息をのむような美しい秋でした。

もう何十年も人が住めないらしく、立ち入りが厳しく制限されています。国道114号線がとおり、その山側と海側の2か所だけに出入り口の検問があります。山側の検問から入ると、海側をみおろして、視界が開けます。TVにもよく出た放射線量が高い事を知らずに避難先になっていた集会場や、2011年の秋には9000Bqだった栗もあります。
でも、自然の恵みがいっぱい。豊かで美しいところです。住民は避難を指示されたのですが、ご自分の年齢なら問題ないですよって、住み残っている方もいます。道の草刈も、畑の作物も作り、放射線量を測っていらっしゃいます。いつか、人の役に立るだろうと。ワンコも一緒です。皆の故郷の山里です。紹介させてください。

スライドショーで見る

山側の検問・ここから浪江町です (国道114号線・水境)

浪江町の海の方向に向かって視界が開けます 車で30分も走れば海です

畑はセイタカアワダチソウ、ススキで覆われて

室内の放射線量が50μSvと知らずに人が避難生活をしていた 赤宇木の集会場

おいしそうな栗 栗ごはんやお菓子を作っていたのかしら 2011年に9000Bq 全部見ている大木です

飯館村の方から流れてくる川 音、また、、お聞かせします

どんぐり イノシシがたべてもまだたくさんあります

柿は、野生動物が食べ放題 人が食べませんからね

カジカもいる清流です お魚の骨に放射線?

見護っていてください

倒れてたけど、地元の方がお直しになりました

住み残った方 作物の種をとっています

全部、ここの作物です 食べられないけど、、種をとり、何代も作付してどうなるか、見ていきます

ソバ

ダッタンソバ お茶にして、体にいいんです

温室のなかで 人参、丸くなちゃた

温室の中で 土も、作物も、放射線量は問題なし ご主人も、私たち訪問者も、時々食べます

見ためより軟らかいです

カリンと姫リンゴ お庭から

庭の銀杏から、ギンナン

2009年の槇

ブナを植林します

年取っちゃって、、 ワンコ

また来年の秋にね 人を待っていてください