2011年4,5月津波と原発事故

2011年3月11日の大震災後、高円寺のライブハウス「稲生座」の
仲間たちが集めてくれた支援物資を宮城県にお届け致しました。
津波によって持たさられた悲惨な光景は記憶から離れる事はなく、
奪われたたくさんの尊い命の重さは心に刻み込まれ
支援活動を続けていこうと誓いました。

そして震災の被害区域情報を探す中、
福島第一原発被害区域で動物が取り残されている事を知りました。
人間の業によって動物たちが苦しんでいることを知り
人としての責任を果たさねばと決意し動物レスキュー活動に
重きを置く事になっていったわけです。

動物たちの悲惨さを作ったのは私達です。
人間がばらまいてしまった惨劇は謂わば虐待と等しいのです。
その思いは原発被害動物レスキューを続けてゆかねばならない
という決意を揺らぎなきものとしました。



スライドショーで見る