⑥ 2011年10月11月

レスキュー活動をするにあたり、よりきめ細かな活動ができないかと考え自転車で活動しようということになり他ボランティアと共に警戒区域に向かいました。バックパックにフードをたくさん詰め込み(一人30から40kg相当)廻りました。

スライドショーで見る

配達されることがなかった3月13日の朝刊。新聞店の店先に山積みされたまま放置されていました。

配達されることがなかった3月13日の朝刊。新聞店の店先に山積みされたまま放置されていました。

配達されることがなかった3月13日の朝刊。新聞店の店先に山積みされたまま放置されていました。

配達されることがなかった3月13日の朝刊。新聞店の店先に山積みされたまま放置されていました。

レスキューにおいて、きめ細かな活動をするには自転車が有効ではないかということになり他ボランティアと共に警戒区域をで廻りました。 バックパックにフードをたくさん詰め込み(一人30から40kg相当)向か…

楢葉町木戸駅周辺にもまだまだ犬猫は生息していました。

自転車を用いてのレスキュー活動。

楢葉町木戸駅周辺。草木の海の中を歩きながらのレスキューとなりました。

手分けをして犬猫を探している様子

楢葉町木戸駅周辺の民家で放浪犬は発見。疲弊しきった様子で全身の毛が抜けていました。飢えは極限に達していたのでしょう。ドッグフードをあっという間に平らげました。

お腹もいっぱいになり安心したのでしょう。

やはりかなり疲弊していたとみられます。

当初の予定では夜まで活動し帰還という計画でしたが一刻もはやく犬を病院に連れていくことにしました。

折り畳み自転車に犬を積み走りました。

いわき市の病院にて診察して頂きました。やはり重度の皮膚病により即入院治療ということになりました。ここから半年間、病院で預かって頂き完治するまでお世話になりました。

人馴れしている猫。フードをたくさん食べました。

飼い主様が残していったダンボールハウス

猫が凍えぬよう猫ハウスを置いておきました。

無人となった学校の校舎を犬猫が棲家として暮らしていました。

楢葉町木戸駅周辺にもまだまだ犬猫は生息していました。

ニャンダラーズのサポーターの皆さまに託し頂いたたフード

ニャンダラーズのサポーターの皆さまに託し頂いたたフード

ボランティアが設置したダンボールハウス

再会をあきらめない飼い主様は家屋に愛猫の情報を貼りだし何とか見つけてあげたいと願っていました。絆を奪われた苦しみ、悲しみ、怒りは再会を果たさぬ限り晴れることはないでしょう。

富岡町にて捕獲機による猫の保護。飢え彷徨う猫にとって、やっと見つけた餌にありついた途端閉じ込められるという恐怖を与えてしまうのはとても可哀想ですが、飢えて朽ち果てぬ様、猫の通り道に何台も仕掛け保護し…

富岡町にて捕獲機による猫の保護。飢え彷徨う猫にとって、やっと見つけた餌にありついた途端閉じ込められるという恐怖を与えてしまうのはとても可哀想ですが、飢えて朽ち果てぬ様、猫の通り道に何台も仕掛け保護し…

富岡町にて捕獲機による猫の保護。飢え彷徨う猫にとって、やっと見つけた餌にありついた途端閉じ込められるという恐怖を与えてしまうのはとても可哀想ですが、飢えて朽ち果てぬ様、猫の通り道に何台も仕掛け保護し…

富岡町にて捕獲機による猫の保護。飢え彷徨う猫にとって、やっと見つけた餌にありついた途端閉じ込められるという恐怖を与えてしまうのはとても可哀想ですが、飢えて朽ち果てぬ様、猫の通り道に何台も仕掛け保護し…

郡山に避難している住民様の仮設住宅に猫を届けました。実はこの猫、飼い主様が捜している愛猫ではありませんでした。「自分たちが暮らしていた家で保護されたのならば引き取ります」と言って下さり引き受けて下さ…

南相馬小高地区で飼い主を待つ猫。

未だ警戒区域を放浪するダチョウ。キャットフードに貪りついていました。