##③ 2011.5~7月:生かされた80羽の鶏・犬猫:浪江町津島

2011年4~7月、浪江町の津島赤宇木:この辺りは福島第一原発から30kmほど離れていましたが、風向きで放射線量が高くなった北西方向に位置する山間部です。

屋内退避という避難指示があり、外出を最低限にして自宅に住むことはできましたが、、、ほとんどの人は避難先で生活をしていました。自宅は広く、複数の犬や猫を飼っている家が多いうえ、避難先の仮設住宅・アパートなどは狭くて、そこにペットたちを連れていくことはできませんでした。
このあたりの家畜は、豚や牛は、国からこの地域から出すようにと移動指示が出て、売却などされ、他府県に移動されていましたが、鶏などは、世話もされずに放置されていました。大型の養鶏場では、卵をとる採卵鶏という鶏が、餌を運ぶ業者も来なかったために、何万羽も死にました。
写真の地鶏はある老夫婦が飼っていた80羽の採卵鶏です。
水も餌もなくなり、鳴くこともせずにうずくまっていたところを、動物を心配して来ていた複数のボランティアの目に留まりました。当会のメンバーもいましたが、皆、自然と連携をとりあい、1週間に1~2回、誰かが世話をしに通いました。

2011年8月からは、立ち入りが厳しく制限され、検問ができ、ボランティアは立ち入りができず、鶏たちの世話ができなくなりました。
そこで、助けるため、飼い主と、米国の動物愛護のボランティアが協力して、ペットとして検問の外に連れ出し、この鶏たちを岡山県まで運びました。行先は内緒です(検問ができてからは、ペット以外の動物の、検問の外への持ち出しは制限されていました)。

また、ここに写っている犬猫は、大半が飼い主やボランティアの奉仕で、安全な場所に移動して、里子に行きましたが、残された犬猫もいて、多くは、虫、カエル、ネズミを食べながら、死んでいきました。

何組かのボランティアが高い放射線量に関わらず200~300kmの離れた地域から、動物の世話に通いました。
隣の飯館村の人と私たちもこの動物の世話をしました。
沢山の方たちの善意で、生かされた命たちです。普段なら食べてしまう鶏達を助けるために、沢山の人が必至に努力した事実がありました。

スライドショーで見る

2011年5月4日 浪江町津島赤宇木 残されたていた80羽の鶏

車をみてかけ寄ってきました・ 急に放射線量が高いといわれて避難したとき、2週間は放置されてガリガリに痩せたそうです 里子に行ったそうです 飯館村と浪江町の境で

黒い猫がいてフードを置きます このあと、80羽の鶏を見つけました この日、ここはアスファルト上で200μSv

鶏小屋は左奥 道路にいた人の気配で鳥が鳴き始めて、私たちは鶏がいることに気づきました 手前は何年も使われていなかった牛舎

奥に鶏舎がありますが、、 鳥達は動いていないため、見えませんでした。

人を見て鳴き始めた瞬間 鳴かないでじっとしてました 体力をつかわないためでしょうか

お水、お水、、お腹すいた、助けて、、。 2011年5月4日 うずくまっていた鶏が 人間をみて、一斉に騒ぎ始めました

水も餌も空っぽ 鳴き方は絞り出すようです

渇いて絞り出すように鳴いて。水を飲めた俊寛 数人で水を運びました 会話内容の訂正;採卵鶏ですから女の子です 外に出したら、野生動物の餌食です

餌は、とりあえず、手持ちのキャットフード

鶏は渇ききって声も出ないくらい しばらくぶりに水を飲めた瞬間

初めて、、これが渇き、飢えというものだと思いました

何度も何度も、おいしそうに水を飲みます

里子に行ったそうですが つしばらく繋がれて、家人が時々世話に通っていました 前の鶏小屋の近く

2011年6月19日・浪江町赤宇木で 飼い主は避難先です。つないで残されています ペット同伴避難は日本ではできない事が多いです

連れて行って、、でしょうか

人がいなくて不安だったのでしょう この家には、5頭のワンコがいました

ペットでも、ネコにはねずみをとったり、、仕事があります 隣の飯館村の人が、都会との違いを教えてくれました ワンコと同じ家で

家人が犬猫の生末を決めていても、いない間にボランティアに連れていかれてしまうこともありました

オランティアが猫の餌を置いていっています 家人は避難先ですが、通いで世話をされていたようです

皆で世話をして、元気になり卵を産みました 1羽だけは死にました 死体は川に流しました 会話の訂正:雄鶏はいないのでヒヨコは孵りません