##⑤ 2011年.夏から冬・第一原発から北西・高放射線量地域

2011年8月の光景です。場所は、阿武隈山地の中でも、日本のチベットと地元の人は言っている地域です。飯館村長泥地区曲田、浪江町津島赤宇木。
2011年の大震災時は、山ごと動いているようだったそうです。地盤が強いのですね。
原発事故の時、スピーディという放射線の流れを示すコンピュータで、北西方向に放射線が流れたことは有名ですが、その中でも、かなりの高濃度の放射線が流れてきた場所です。今でも、雨どいで、200μ㏜など見かけます。このころは、室内で8~10μ㏜。
#1番目の家には、25猫がいたそうです。このころは10ネコ。
このように沢山飼育している家が多い地区です。猫にはネズミや蛇をとる仕事があり、犬には、イノシシやサルを寄せないなどの仕事がありました。ここに、大きなホルスタインがいて、ミルクを猫は分けてもらい、牧草の上で寝ていたのでしょう。賑やかな光景が目に浮かびます。2012年7月に、ここが立ち入り禁止区域になり出入りが困難になるまで、飼い主さんと相談して、給餌。長泥閉鎖まえに、近隣を含めて16猫を保護。この家で、そのときいた全猫を救出できました。
飼い主さんが、自分が飼えるようになったら、飼うから。預かってくださいと、言ってくださったから全員救出ができました。
2番目の家からは、2ネコを預かり、1ネコを保護して、2犬の保護の手伝いをしました。まだ、黒い猫も残っていました。軒下の餌場を監視カメラで見ると、時々猫が来たり、犬か連れ立ってきていました。
#浪江町赤宇木津島。隣で、車で15分くらい。夜は人が住めなかったけど(検問があり、また、行政からの規則がりました)、昼間は出入りが出来て、ペットの給餌も適当にされていたようです。

スライドショーで見る

2011年夏  飯館村長泥地区曲田  酪農家の牛小屋

この子は次の冬にいなくなりました   たぶん、猫白血病だったと思います 同じ場所から保護した2猫が猫白血病でした  いまは皆、天国です

白い猫は、前の写真の猫のお母さんかも   右の猫は白血病で、天国です 飼い主さんは時々世話に来てましたが、人がいる時に比べて、環境も悪かったと思います

人懐こいコロ、、いまは、プチシェルターでお預かりしていますが、他の猫をよく面倒見てくれてます

コロ、、自然がいっぱいの場所にいたのに、今は都会ですね、、

マーブル、、白血病で亡くなりました

お庭素敵 バラが咲きます

マーブルとラッキー、同じ器で食べてたけど、猫白血病は移らなかったね。

搾乳場 ここが猫たちの住みかになっていました  牛がいれば暖かいのに

牛小屋   50頭の乳牛がいました

マーブル、痩せてたね

シマと、ラッキーと、

左はデビル、、皆に名前がありました

マーブル、可愛い。 隣町、津島の サト チャンのこと、大好きだったね

、飼い主さんが井戸を出しておいてくれました

クロシマ、、東京で、去勢手術をした後、3階から、脱走してしましました。 どこにいるの、、。

搾乳場の入り口で  マーブル

家屋の中にも、お水と餌を置かせてくれていました

丘の向こうが、原発のある海の方 お天気だと、もっと、きれいです

このころは、野生動物の来訪が少なかったように思います  外に置けましたから

奥が、牧草地、広い場所です

やせっぽちのマーブル

コロか、、、花

ラッキー 今はもっと元気です

ここの、井戸水も出しておいてくれました

人がいなくて、、埃っぽくなっちゃって、、。

飯館村長泥曲田  この航路脇で、サルの大群を見たとき、はじめは地面が動いているのかと思いました

2軒隣の家   タイガーとクロチョビのお家です

東京で保護してる子猫のお父さん  立派な猫

軒下と納屋を、犬猫の餌置き場にしてくださいました

隣町・浪江町津島で

この、袋がとんで、町が汚くなってしまうことが多かったです

ボランティアがこうして、エサを置いていていました

もうすぐなくなっちゃうね

生垣の中、ニャン、、

生垣の中の、、ニャン 、、浪江町・津島・赤宇木

秋に:飯館村長泥曲田の牛小屋?

しろ、、秋になったね

この子は母猫 間に合わなかった、、 ご主人が、代々のお墓に埋めてくれました

軟らかいと、口内炎でも食べられる

外はもっと高いですね

寒い、、。

防寒用ハウスを作成

ハッポースチロールのハウス 夜間はマイナス何度?

高いところがなくて、、 下は寒かったね

ご主人が、屋内の餌場を確保

しろ、、一生懸命生きたね

寒い、マイナス何度

軒下に場所を借りて、、 人がいなくなり半年くらい、野生動物は沢山は来ていません

長泥で 主に猫と犬が食べてました

この納屋はあったかいよ

この線量計は正確です!

お家の中です 長泥地区

同じ家でも、違うのですよ

車中は低くなりますが、、

比曽川・飯館村長泥 カジカが泳ぐ清流です

比曽川の近く 犬3匹、猫多数がいましたが、保護されました

ここ、通れると隣町の赤宇木まで15分なのに 何で閉めたの??

麓へ~隣町へ

長泥交差点付近 ここから幹線道路で隣町に

国道399  飯館村と浪江町の間 高線量地域

浪江町津島では、、外国の団体が、お手伝いしていました

保護されました

ドッグフードより、おにぎりが好き

飼い主さんはご飯あげてたのね

簡単な餌場です

家の中で40μ㏜ でした 知らずに避難した人達が暮らしました 浪江町赤宇木

なんか、あちこち閉まってる、、

浪江町津島

住人さんも、よそからの人も 協力してました

一人ぼっちで繋がれて 家人が週に2~3日は通っていました 浪江町津島

さっきのお兄さんが(=^・・^=)に作ったの

ここから先は高放射線量地域 浪江町津島から飯館に向かって

これないと、、行き来が早いんだけど

保護した猫は東京で

安心だ~ニャ

楽しいニャニャ

(=^・・^=)