##② 2011.4~5月飯館村・(一部浪江)屋内退避

<飯館村 : 福島第一から北西に30~40kmでの撮影>
*阿武隈山地の清涼な美しい村です。周辺からは必ずどこかの峠を越えて入る面積の広い高原の村です。
*写真で、きれいな高原の景色に見えますが、本来の広大な耕作地が、一面の野原になっている事を見てください。
*3月から4月まで、屋内退避になり、また、放射線量も高くて、人がいても、物流が悪い状態でした。
放射能から被ばくしないようにと、屋内退避という指示が出され、大人は必要な時だけ外出、子供たちは戸外へは出られませんでした。そこで、多くの村民が村外に自主的に避難していました。
*広大な農地が耕作できなくなりました。豊富な山の恵みも、もう食べることはできません。

家は広く、複数の犬猫を飼育していたのに、避難先の狭い仮設やアパートには彼らを連れて行けず、多くのペットが村に残されました。世話されずに死んだ犬猫もいました。出会った村の方に、犬や猫を連れて行ってあげてくれないかと言われ、残されたペットのいる家を案内されました。これがきっかけで、村の方とともに、人のいない地区での犬猫の世話を手伝うようになりました。

*写真の犬猫は人がくると喜んで寄ってきましたが、帰るときにはじっとこちらをみていました。
 元気そうに見えましたが、写真でみると、厳しい目をしています。不安で寂しい思いをしていたのでしょう。
 いろいろなボランティアが順次預かり場所をさがして保護していきましたが、一度には連れていけないため、犬猫は人のいない場所に残されていました。次第に人に不信感をもち、逃げていくようになっていきました。
*飯館村役場、周辺の農地と人家。
*役場から双葉の海を臨む日の出石峠を下り、長泥地区に。長泥地区は高線量の被ばく地区です。 
*計画的な避難がされて、家畜は別の場所に引き取られたり、売られたり、早めに屠場で肉にされました。

<浪江町津島赤宇木>
飯館村と隣り合わせ。6月19日、飯館村の方に案内されて一緒に残されている犬猫や採卵鶏の世話をしました。
写真の採卵鶏は、80羽。5月4日の同じ鶏小屋の様子も入れてあります。
この日、飯館村長泥地区で行方不明になった飼い犬が見つかり、飼い主さんのもとに帰りました。福島市で、子供さんたちと暮らしています。

スライドショーで見る

福島市から峠をこえて

飯館村は必ずどこか峠を越えないと入れません

全ての村の入り口に、飯館村と石碑があります

福島から峠をこえて村に入りました

見渡すかのぎり、耕作のできない土地 黄色い花は日本タンポポ(純粋種) 村の人を見ません

本来は水田か、畑か

雑草だらけ

黄色い花はめずらしい 日本タンポポ

本当は畑か水田

沢山の花が植えられていました

丘陵地は雑草で覆われて

温室は枠だけに

まだ、家の中に人がいました

白いロールは牧草 放置されてます

庭は花で飾られていました

飯館村役場

アスパラ畑?

飯館村役場

飯館村役場 水もここで配布されていました 井戸水の放射線量を懸念して

地震でや屋根と壁の一部が破損

村役場入口

村役場の入口に

役場には救援物資が沢山

村役場集会場から

村役場の放射線量計

飯館村役場で

村役場集会場の土を採取して放射線量を計測します

役場から、日の出石峠を下ると長泥地区 ここから第一原発の海が見えます 2012年夏、長泥地区は帰還困難区域になり、この峠に検問ができました

日の出石峠から双葉の海 福島第一原発方向を臨んで

事故後、見下ろすいくつかのくぼ地 にうす黒い靄が溜まっていたそうです 樹木は桜

新緑は葉桜

日の出石峠と長泥の間にため池 大きい鳥が蛇を加えて飛び立ちました

飯館村長泥地区交差点 掲示板と、動物預かりのビラが貼られている電柱

長泥交差点 放射線量の計測値が掲示されて

左上へ、北西方向、緑色の囲いに飯館村 離れていても高い放射線量

hot spot

飯館村 長泥地区 hot spot です

ペットの同行避難ができない人のため 預かり先ほ紹介をしていました

5月の連休で家の方が帰宅してました このあたりの道路はこの日100μSv

ここは45μSv 人家の小道で

長泥地区で

アスファルト上は100μSv 長泥交差点

ジャーナリストと、動物を助けて回っている人たち

弱った猫がいたら保護しようと 猫の捕獲機を携えて

動物を心配してきた米国人たち と会いました 長泥交差船

放射線量がたかいところにいたのは 動物を心配した外国の人、ジャーナリスト、 少数の地元の方

飯館村長泥のなかでもこの先は特に放射線量が高い 曲田地区

曲田地区で 1軒目:犬が3匹残り、2週間後にボランティアが預かりに来て 里子にいきました

ドライフード以外は腐ってました

前の2匹と同じ場所で この子は河原につながれてました

必至です ドラムカンが犬小屋でした 目は厳しい 曲田で

先程の犬3匹と、この家の猫が救われました

僕を置いてかないで! 曲田で、2軒目に 1軒目の家のご主人に案内されて

猫も出てきて 連れてって! 曲田で、2軒目の家

曲田で2軒目の家 親戚の人が案内してくれました

人が来て嬉しい犬

犬が2匹・猫が2匹残っていました もう1匹犬がいましたが飼い主さん方が避難している間、 親戚の方が世話に来る前に死んだそうです

脚が長くて ウマバシリ という名前でした

東京の近くからきたボランティアになついて この人は放射能よけにシャワーキャップとマスクとカッパを着用

いろいろなものが放置されたままでした

曲田で3軒目で 家人は家の中でした ボランティア団体にひきとられて

まだ人がいましたが、その後この子たちは 残されておなかがすいたと思います 曲田で3軒目

飯館村長泥地区 2012年7月に立ち入り禁止に

先の曲田の2軒目 あの犬たちは人に不信感を持ち どこかに行ってしまいました

動物愛護団体が黙って連れて行かないようにしていましたが 2~3週間は探してもいませんでした

ある朝行くと、茶色の犬とこの犬が納屋にいて、私たちに寄ってきました。飼い犬も人がいなくなると人を怖がるようになり逃げていましたが、今度は待っていたように、、。 ご主人に連絡すると福島からすぐに来てく…

曲田の4軒目・酪農家の家で・牛小屋に25匹の猫がいたところです 白い猫は8か月後には亡くなったと思います

約100μSv 長泥地区で

飯館村・蕨平・集会場  2011年5月4日

飯館村・蕨平・2011年5月4日 清流::子供たちた採っていた、魚も貝もたべられなくなりました

飯館村比曽地区で・2011年5月4日 和牛はせりにかけられると

飯館村比曽地区で2011年5月4日・家の人と犬は山形に行きました

比曽地区で・2011年5月4日 犬は家人とともに転地

比曽地区で この牛はどうしたでしょう

飯館村比曽地区 福島に行く峠のふもとです

この犬も家人とともに転地

和牛 セリにかけられたと もう少し長生きできたかもと思います

比曽地区で、2011年5月4日 手入れされた家の小道

比曽地区で・2011年5月4日。  お顔は出てもいいとこの時おっしゃっていただきました。 当時のことを子供たちに知らせてください。

飯館村役場を起点にして また別の場所に

牛の爪を切る仕事の方が足の不自由な犬を連れて、 牛の避難先を探してました

紫色のウエアの方が牛お爪切りの仕事の人(削蹄師) 牛たちの引き取り手を探してます この村から出すように国に指示されました

妊娠中で、屠場に送れなかったようです 次の飼い主に売れなかった牛は屠場で肉になりました 首についてるのはスタンチョンという装置です 同じところに糞を落とさせるためです

同じ日でも、アスファルトで100μSvのところも 飯館村

放射線量はこのあたりとしては高くはありません 信頼性のある線量計は手に入りにくい状況でした

飯館村から隣の浪江町白追地区に通じる道路は閉鎖されていました (赤宇木の写真を載せますが、生かされた80羽の鶏、、というファイルを参考にしてください)

飯館村から浪江町に抜ける道 この辺りの方の生活道路でした

2011年5月4日 飯館村から浪江町津島赤宇木へ 残されたていた80羽の鶏

鶏は渇ききって声も出ないくらい しばらくぶりに水を飲めた瞬間

初めて、、これが渇き、飢えというものだと思いました

何度も何度も、おいしそうに水を飲みます

車に寄ってきました 残されていたようです 浪江町津島赤宇木で (飯館村から車で10分くらいのところ)

この日、この鶏を見つけました #生かされた80羽の鶏(参考)

水も餌も空っぽ

浪江町津島赤宇木で

飯館村・国道12号線 川俣町と南相馬を結んでいます このあたりは一般の車両も通行可能でした 左はアスパラ畑

隣町・川俣町のホームセンターは買い物ができました