☆⑦ 2015年の初めに

2015年1月の、飯館村・浪江町・川俣町付近の阿武隈山地、原発事故避難地域での活動報告です。
昨年の暮れから雪が降り、溶けたり積もったりをくりかえして、道路の積雪も多くなってきました。人が住んでいないため、小さい道路までは、なかなか除雪車が来ません。給食を頼りにしている猫たちが餓死しないよう、車でいけない所は、歩いて廻ります。
避難地域の活動も4回目の冬を迎え、被災地の方、福島県内在住の方たちが、給食場所や、資材の置き場の提供など、ご助力をしてくださいます。有難いことです。

浪江町のサンタちゃん・白犬、男子、15歳が、お正月に亡くなりました。
放射能が流れてきた後も、飼い主さんのご夫婦、近所の方たちに可愛がられていました。私たちが行くと、いつも、ヨクキタナ~~って、大きな声で迎えてくれました。
昨年夏から弱り始め、お正月、お誕生日の前の日にお空に行きました。老衰でした。
サンちゃん、ありがとう。これからも一緒。

雪の上には沢山の証拠(足跡)が残ります。赤外線カメラとともに、沢山の情報が得られます。どんな動物がいるか、どこから来るかなど。人のいない地域で、今年も、元ペットたちが生きていけるよう、ささやかな、活動を無事に、続けることができるよう、願っております。

未来といのち、東京プチシェルターの皆に、今年の抱負を聞いてみました。皆も真面目に答えました。

先日、浪江町のご婦人が、避難先でノラ猫一家を保護されて、その子猫4頭を、里子に出すため東京まで運ぶお手伝いをしました。郡山駅での、写真のキャリーには4頭の子猫。風邪をひかないようにと、手縫いの毛布を掛けてくれました。ご自身は大好きなお家に帰れなくて、気持ちがお辛いそうです。そんな時でも、弱い者の事を心配されるお心を知り、いつか、優しい春が来ることを信じることができた、年始でした。

スライドショーで見る

お正月 サンタちゃん 穏やかな顔

阿武隈山地から太平洋方面を望む 2015年1月3日

南天  お正月の赤     阿武隈山地・飯館村付近

石像様 今年も、よろしくお願いします 浪江町

観光牧場   綺麗! 川俣町・山木屋地区

牛の代わりに、除染の袋、、 観光牧場

手作りベンチの壊れた脚 春まで代用で、、

浪江町のサンタ君 いっつも大きな声で、ヨクキタナー

2014年秋 まだ、お散歩できました

ナニシテルノ? サンちゃんのお家、暖ったかくするのよ、、 猫用の無添加チキン、カツオを喜んでました

この時おやつを食べませんでした 1月はじめ、ハグしといて良かった、、。

この日行くと、サンちゃんはいませんでした 15歳の誕生日の前の日に 亡くなる日、大きな声でお父さんを呼びました

皆で、サンちゃんの 思い出話をしました

犬のサンタがいなくなったら すぐにお猿がきました

雪が積もる前に、山の上に 双葉・大熊町の海が見えます

沢山の足跡が

この先にはお家が何件もあります

さあ、猫が待ってる。 餌場を廻りましょう

猫の足跡ですね

ワンコの捕獲機に入っていました 浪江町

赤外線カメラ、電池が寒さで働かなくなります 発砲スチロールで覆います

朝日の中、牛小屋さん 猫たちの給食させてね

赤外線カメラ・頑張って

神社のニャン男子 太ったかな

安定した餌場です

足、冷たくない?

餌箱の中、ちゃんと減ってます また沢山にしておくね

ニャンコ、向こうの納屋で寝てるみたい

針葉樹は根が浅く、雪で倒れやすいそうです

雪の季節 ノコギリは必需品

イノシシの家族   帰り道で

別の日の朝  除染の作業はこんな感じです

国道114号線は帰還困難区域を通ります 許可をとり、車が行き来しています

崩れそうなトンネルも、除染の袋で直してました

サル、木の芽美味しい?

川底まで見えます

ここから先は、歩いていきましょう

雪が地面を覆うと、測定値は半分になります

最近、同じ場所で出会う家族

福島県民会館に用事で行きました

帰り道、飯館村の方たちが出したお店に

これ、仮設住宅でおばあさま方が作っていらっしゃいます 生きてるみたい

毎年冬は針仕事をしていたため 仮設住宅でも同じように働いていらっしゃいます

ランチも良心的で美味しい♡♡

デザート付 手作りの割りばし袋には、すてきな抱負が

<皆にも、今年の抱負を聞きました> ミツオは、、沢山食べる、長生きする!

チャヤ(左)はあまり怒らない クッキー(右)は、病気しない

ツヨシ君は、、暴れない

タロウは、耳ピタ直す

シャムオは、里子に行くぞ

ミレイ(上)は甘え上手に ナツ(下)は、太って、もっと元気に

2013年3月31日・浪江町津島が閉鎖に 抱っこされた猫がブンニャン(女子) ワンコと家族とお別れの瞬間

左上がブンニャン 仲間と一緒で楽しいと、お父さんに知らせる

私たち、人間は、また1年 無事に活動できますように

4頭の子猫を 浪江町のご婦人からお預かりして東京に お手製の毛布です

子猫たちを助けてくれた方のように また、優しい春が来ますように

阿武隈山地のこの辺 純粋な日本タンポポ

自然の山桜がお庭に咲きます また、、皆で優しい春を楽しめますように