福島活動報告2019年1~2月

お正月は福島市から。活動で交流する方達も長いお付き合いになってきました。浪江町のやり方で作った御餅はお米の味、This is OMOTI !! 福島の復興牧場には良くお邪魔しますが猫も牛も大切にされています。今年は雪が少なくて活動が楽でした。3,11から8年ですが津島はあまり変わらない景色。草刈などを行政も住民も頑張っています。立ち入り禁止区域で猫の世話をしている方のお手伝い。今年は重い病気の猫が減りました。大熊町と双葉町は、ダンプカー、建物の解体作業、バリケード、荒地に真新しいマンション。景色が変わりました。猫達が住み家を追われたり交通事故に遭ったりしないか心配です。でもふるさとと心を守る友の会の牛さんは幸せそうです。原発の熱を利用してダチョウを飼っていたシュトラウスランドは人の気配はありません。鼻の白い猫を保護しようとしたら違う茶寅が入りました。どこから来るの?猫の世界はわからないことが沢山です。飯館村と浪江町の境は落ち葉でいっぱい。静かな冬です。双葉町、大熊町、葛尾村、飯館村入口、浪江町の景色は「もっと見る」にも入っています。よろしければどうぞ。



スライドショーで見る