福島活動報告 花のみち(2018年)

初夏 福島から
❀久しぶりに津波の跡が残る場所に行きました。7年前、猫ちゃんを探してほしいと依頼されて、津波で何もない家の跡に何回も来た場所。何もなかったといっても探してほしい、絶対にいるとおっしゃりました。
❀何年も無人の地区で多くの動物が人を待っていました。残したペットや家畜を守るため, 立場をこえて、多くの人達が動きました。
❀海側の避難地区も2017年の4月ごろから人が帰還し始め様子が変わってきました。壊れた家やガレキも多くが片され、ごみ処理工場や土木建築関係の施設が沢山できていました。浪江町の請戸漁港はピカピカです。
❀思い出した場面の何枚かも載せますね。
❀毎年6月、主のいない家の小路にマーガレットが咲きます。ここに路があるよって。
福島のこの地区の方達はいまも大変なのです。でも、地元の方達は、静かで優しい。これからも一緒に活動をさせていただければ幸いです。
💛 ところで、
福島は野菜もお米も、浪江町の居酒屋さんもおいしいですよ。心がありますから💛



スライドショーで見る